WordPressはPHP+MySQLで動いていますが、利用しているホスティングサービスによってはPHPがSafeモードで動作しているところがあります。
筆者の利用しているXREAがそうで、デフォルトの状態ではWordPressの一部機能が制限されてしまいます。

そこで、これを回避するためにPHPをCGIとして動かす方法があります。

XREAでPHPをCGIとして動かす方法

XREAでは以下のような簡単な設定を行うだけでOKです。

CGIとして動かしたいPHPがあるディレクトリ内に、以下を記述した「.htaccess」ファイルを設置します。
(ディレクトリ内にすでに.htaccessファイルがある場合は、追記します。)

AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php

以上の設定だけです。
これによってディレクトリ内のすべての「.php」ファイルがCGIとして実行され、PHP Safe-Modeによる機能制限を回避できます。

ただし、PHPをCGIとにて動かすことで、負荷が増加して動作が遅くなるというデメリットもあるようです。
(筆者には体感できませんが。)

そこで、.htaccessの記述を以下のようにちょっとカスタマイズすると、特定のPHPだけをCGIとして動かすことも可能です。

<Files sample.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</Files>

筆者は以下のように記述した.htaccessをwp-adminディレクトリ内に設置しています。

#CGIモードでPHPを動かす
<files async-upload.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</files>
<Files plugin-install.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</Files>
<Files update.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</Files>
<Files update-core.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</Files>
<Files admin.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</Files>
<Files options-general.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</Files>

上記をコピー&ペーストで.htaccessを作成して、wp-admin内にアップロードするのがお手軽かも知れませんね。


日々のささやかな彩り…花鳥風月,街角スナップ,そして子供たち。
tomokitch on Instagram [ Via Webstagram ] 公開中。