「もみじ」の歌、小学校の音楽の時間にそれを合唱したことを思い出します。
ひとつの旋律がもうひとつの旋律を追いかけるカノン(輪唱)形式、それを学んだ曲。

万博公園のモミジ, PENTAX K20D + FA 77mm F1.8 Limited

万博公園にて, PENTAX K20D + FA 77mm F1.8 Limited


秋のカノンを聴き、歌というもののひとつの魅力、ハーモニーの美しさというものに、子供ながら密かに感動した覚えがあります。
もっとも、わいわいがやがやの小学生男子だった当時の僕、そのような小さな感動を表現する方法など持ち合わせていませんでしたが。。

PENTAX K20D + FA 77mm F1.8 Limited

ところどころに、深紅に色づくもみじが見られます。
まだまだ色のハーモニーを奏でるには少し寂しいですけれど。

PENTAX K20D + FA 77mm F1.8 Limited

紅葉渓(もみじだに)、ここは万博公園内のモミジの名所。

紅葉の滝周辺のモミジたちは、まだまだ鮮やかな緑でした。

深まる秋を順に感じとっていく木々たち、その感じとり方には差があるようです。
流れる時間が違うのでしょうか。あるいは感性が違うのでしょうか。

PENTAX K20D + FA 77mm F1.8 Limited

近くに鮮やかな色のグラデーションを見せている木々が。
カエデの仲間でしょうか。

もうじき、モミジたちが2番目の旋律を奏でだします。
もう数週間も経てば紅葉渓では美しい秋のハーモニーが見られることでしょう。

おっと、あちらにも見上げながら撮影している男性が居られますね。

PENTAX K20D + FA 77mm F1.8 Limited

PENTAX K20D + FA 77mm F1.8 Limited

僕の中を流れる時間は遅い ― 周りを過ぎ去っていく時の速さを感じます。
時間の流れが遅い・・・同様に老いのスピードも遅ければいいのに、と思い始めた今日この頃ですが、
なかなかそうはいかないようで。。

木々たちの秋の感じとり方も様々、それを見ていると少しほっとできるような気がしました。


日々のささやかな彩り…花鳥風月,街角スナップ,そして子供たち。
tomokitch on Instagram [ Via Webstagram ] 公開中。