師走。暦はすでに冬に入りました。
比較的長く紅葉が楽しめた今年も、もう落葉のとき。
これから数回に渡って、晩秋の紅葉たちを少しばかりお届けしようと思います。

さて、京都・嵐山 晩秋紅葉狩り。

大きく銘打ったはいいのですが、晩秋の嵐山を訪れたのは夕暮れも迫る時。

PENTAX K20D + Carl Zeiss Jena FLEKTOGON 2.4/35

嵐山 天龍寺門前にて, PENTAX K20D + Carl Zeiss Jena FLEKTOGON 2.4/35

日没が早いこの季節。
西側を山に囲まれた嵐山では、特にそれを感じます。

この日の嵐山は風はほとんどありませんでしたが、それでも穏やかに揺れるモミジたち。
暮れなずむ時間帯、シャッター速度を稼ぐために止むを得ず感度をISO1000まで上げての撮影です。

嵐山 天龍寺門前にて, PENTAX K20D + Carl Zeiss Jena MC SONNAR 3.5/135

PENTAX K20D + Carl Zeiss Jena MC SONNAR 3.5/135

古いマニュアルレンズで撮影していますが、高感度でもなんとか形にはなるものですね。
ただ・・・繊細さはかなり失われてしまうようです。
こればかりは高感度ノイズリダクションの宿命でしょうか。
それに、レンズの性格もあってか、モミジの紅の色味も少し変わってしまいました。

少し葉に傷みが出てきている晩秋のモミジたち。
考えようによっては、これくらいの少しおめかしした撮影も良いのかも知れません。

モミジ, 嵐山 天龍寺門前にて

PENTAX K20D + Carl Zeiss Jena FLEKTOGON 2.4/35

せっかく散らずに待っていてくれたモミジたちですが、
やはり日の高いうちに愛でるのが一番良いのでしょうね。

今日は早々に切り上げて・・・みたらし団子でも食べに行くかな。
「京都・嵐山 晩秋味覚狩り」 ということで。

えっ? 嵐山の紅葉はもう終わり?

・・・冗談はさておいて、次回へ続きます。


日々のささやかな彩り…花鳥風月,街角スナップ,そして子供たち。
tomokitch on Instagram [ Via Webstagram ] 公開中。