イルミナイト万博2009 :winter:

太陽の塔が夜空を彩るキャンバスになる・・・

・・・それを聞いてから、この万博公園ならではのイルミネーション、
カラフルにライトアップされた太陽の塔を一目見たくなり・・・
どうしてもここへ来たくて、12/20初日の夜に訪れました。

ライトアップされた太陽の塔 イルミナイト万博2009 winter

PENTAX K20D + FA 31mm F1.8 AL Limited

「未来記憶圏からの目覚め〈冬〉」と題された、大阪芸術大学によるアートプロジェクト。

この夜、大阪・北摂は晴れ。
凛とした星空のもと、太陽の塔をキャンバスにして様々な色や模様、そしてメッセージが描き出されました。

とても寒い夜。
あくまでも手持ち撮影(笑)な人間には堪えます。手袋をはめていても手が・・・ブルブル。。
けれども、カラフルに彩られた太陽の塔を見ていると、テンションは上がりっぱなしでした。
やはり僕らにとっては特別な存在、特別な場所です。

今年2009年の初めには、太陽の塔が20世紀少年の「ともだちの塔」に変身したのですが見に行けず。
その後悶々と過ごした1年だった・・・というのはちと大げさですが、
今回は思う存分満喫できました。

どんな感じで満喫したかというのは・・・こんな感じで ↓

太陽の塔がカラフルに! イルミナイト万博2009
(クリックで2倍のサイズに拡大されます)

意地でも手持ち撮影(笑)です。
傾きや位置ズレは補正していませんので、多少お見苦しい点はご容赦くださいませ。

このイベントが終われば、また元の静かな太陽の塔に戻ります。
来年も・・・その先も・・・また僕らを大らかに見守ってくれることだと思います。


Merry Christmas.


日々のささやかな彩り…花鳥風月,街角スナップ,そして子供たち。
tomokitch on Instagram [ Via Webstagram ] 公開中。