先日、ひらパーへ行ったときのこと。

8月のひらパーは夜8時まで営業。午後3時以降なら入園料割引。
それは分かるけど、ちょっと遅すぎない? 着いたらもう夕方だし。
ゴメン。パパが遅かったからだ。。

ひらパーわんぱくフィールドで遊ぶ, PENTAX K20D + FA 43mm F1.9 Limited

PENTAX K20D + FA 43mm F1.9 Limited, ひらパーにて

夜8時まで営業ということで、昼の日差しを避けて夕暮れのひらパーへ来たわけですが、「わんぱくフィールド」(遊具のあるアスレチック広場というか公園スペース?)は日没にて終了。
ここでは少ししか遊べませんでした。 もちろん、そのあと乗り物に乗ったりして、閉園まで遊びましたけどね。

夕暮れを迎えた遊園地も、結構雰囲気あっていいですよ。
こんな感じでしっとりと。

街灯, FA 43mm F1.9 Limited

PENTAX K20D + FA 43mm F1.9 Limited

以前のエントリー、「夕空に感じる秋の足音」 の写真もこの日に撮ったものです。

大阪北摂付近で遊園地と言えば、かつては10人が10人、真っ先にエキスポランドを挙げたと思います。
幼い頃から慣れ親しんだソレが閉園となって幾年か経ちます。

そうなると我が家ではどこの遊園地に行くか?というと、枚方市にある「ひらかたパーク」になりますね。

遊園地と言えば「ひらかたパーク」。通称ひらパー

今ではすっかりそうなっています。
子供たちに至っては、かつてのエキスポランドの存在すら記憶にないようです。

そうして今や行きつけ(?)の遊園地となった「ひらパー」ですが、その呼び名はすっかり認知度が高まり、むしろ僕らは「ひらかたパーク」と呼ぶことは無くなりました。

正式名称が変わったのか、と勘違いしそうなほどですが、そうではないみたいです。
かつて吹田にあったエキスポランドと比べて大きな遊園地とは言えませんし、乗り物も子供騙しのものがほとんど(汗)。
ですが、キャラクターイベントなどで幼い子たちには人気があります。
また呼び名に現れているように、ブランディングもしっかりとやって客を引き寄せているようですね。

今年のひらパーと言えば、ブラマヨ小杉のひらパー兄さんですか。
・・・思わず吹き出してしまいました(笑)


日々のささやかな彩り…花鳥風月,街角スナップ,そして子供たち。
tomokitch on Instagram [ Via Webstagram ] 公開中。